ふるさと納税の魅力を発掘する情報サイト

>

ふるさと納税はもう利用されていますか?

ふるさと納税の仕組みとは

そもそも「ふるさと納税」とは、一体どういうものでしょうか。
意外に知らないその仕組みについて説明していきたいと思います。
「ふるさと納税」とは、全国からあなたが応援したいと感じた自治体に寄付ができる制度のことを指します。
例えば、現在は上京しているけど自分の故郷の自治体に寄付したいとか、観光で行った土地の自治体に寄付をしたいといった様に、誰でも全国各地どこの自治体でもお好きに選ぶことができ、一つの自治体に限らず同時に複数寄付することも可能です。
そして自分で選んだ自治体に寄付を行うと、ふるさと納税先団体からお礼の品が届きます。
実はこのお礼の品というのが、思いのほか豪華なものが多かったりして、実は貰える豪華食材が目当ての人がほとんどだったりしますよね。
また寄付には年収の下限がありますが、独身者の場合は年収150万円の方でも可能なのだそうです!

お得な控除の仕組みとは

「ふるさと納税」を利用し寄付をすると「寄付金受領証明書」というのが送付されてきます。
そして、実はここからがとても大事な賢いポイントがありますので注目です!
なんと多額の寄付をしても、その寄付金の2,000円を超える部分は実際には控除・還付金の対象になりお得なんです!
例えば3万円を寄付していた人の場合に置き換えて考えていきますと、寄付金から2,000円を差し引いた28,000円の10%にあたる2,800円が還付金となります!
また更に、ふるさと納税をされた方は住民税も控除されます。
こちらも3万円寄付の場合、寄付金額から2,000円を差し引いた28,000円×90%の25,200円が、翌年分の住民税から減額されます。
つまり、3万円分自費で寄付しても結局は税金等の形で自分に戻ってきますから実質2,000円の寄付で1万円相当の豪華食材が貰えてお得!というなわけです。


このコラムをシェアする